カードローン返済にはおまとめローン

カードローンは、インターネットから申し込みができる、電話やメールなどで直ぐに審査結果を教えてくれるというところが非常に増加したことから、つい数社からの借り入れをしてしまうという人が増加しているそうです。このような2社以上からの借金返済に役立つのが、おまとめローンです。


カードローン返済を一社で借り変えるローン

このおまとめローンとは、2社以上から融資を受けている人が、一社でカードローン借り換えを行うためにあります。実際に現金は借りずに借り換えだけができる借り換え専用ローンと、高限度額のカードローンをおまとめローンとして利用する2種類の方法があるそうです。銀行のローンでは総量規制などがないことから、高限度ローンを使って自分で返済することが多いそうです。


利息が安くなるって本当?

このおまとめローンを使うと、返済しているカードローンの利息負担の軽減を望めることがあるという声がありますが、これは利息の上限などが関係しているそうです。一社に借り換えることで、数十万円のローンも大きな金額になることから、利息の上限が下がるという理屈を利用すると言われています。ただし、これは完済までにかかる時間などでも変わることがあるそうですから、しっかり計算しておきましょう。

カードローン審査は銀行だと厳しいって本当のこと?

カードローンなどを利用するときに、アルバイトなどだと審査に通るかということが不安になる人もいるそうです。消費者金融でも銀行でも同じような審査がありますが、消費者金融のほうが通りやすい、と言われることもあるそうですが、この理由について探ってみたいと思います。


カードローン審査と利息の関係を知ろう

まず、審査の厳しさと利息は相対関係があるものといわれているそうです。審査が厳しくなる方が、利息は安く設定できるということです。これには理由があり、利息は会社の収入となるので、返済をしっかりと行える人にしか貸さないという場合には、審査が厳しくなっても、利息を安くできると考えられることが多いと言われています。利息を見ても、銀行のほうが安いということも多いそうです。


消費者金融には保証会社がない

保証会社というのは、その金融機関にマイナスが発生した場合に、そのマイナスを代わりに支払うという役割があります。住宅ローンなどで団信保険などに入るかと思いますが、これも万が一のときは支払いを免除、保証会社が代わりに支払うというものです。このような機関が消費者金融にない分、消費者金融ではカードローン審査を優しくできるといわれるそうです。

専業主婦がカードローンを使うなら

子どもの養育費や、生活費など、家庭のお財布を管理している人の中には、ほかにパートなどをしていない、専業主婦(主夫)と呼ばれる人もいるかと思います。このような場合、急な出費は多くなるにも関わらず、消費者金融などが利用できないということも言われているそうです。カードローンを使う場合はどうしたらいいのでしょうか?


銀行系カードローンは専業主婦の味方

厳密にいうと、消費者金融では専業主婦が利用できないというわけではありません。しかし利用するために配偶者の同意書や、収入証明書の提出が義務付けられてしまうことから、スピードキャッシングには向かないので、カードローンのメリットが活かしにくいという問題になるそうです。そこでオススメなのが、銀行の行っているカードローンだと言われています。


ネットバンクが勢いづいている

楽天やイオン銀行など、店舗などはおかずインターネット上で多くのサービスを行うネットバンクでは、専業主婦でも利用できるキャッシングローンを多く扱っているそうです。中には収入証明書なども一切いらないというものもあるそうですから、もしも急いで現金を準備しなくてはいけない、ローンを利用したいという場合には、このようなキャッシングサービスを探してみてくださいね。

フリーキャッシングと目的別カードローン

カードローンサービスには、即日審査やスピードキャッシングと呼ばれるサービスの他に、目的別ローンという商品を扱う会社があります。これは消費者金融、銀行に関係なく会社が扱っているローン商品の一部で、フリーローンよりも利息が安くなることもあるそうです。


カードローンの利息をとにかく抑えたい人

フリーキャッシングの場合には、借りているお金は何に使ってもいいという大きな枠組みがあります。禁止されているのは、事業性資金と呼ばれる会社の運用などに利用することだけです。しかし、目的別ローンでは、現金出費がかさみやすいものにカードローンで使うお金の目的を限定することで、利息を安くして貸してくれることがあるそうです。


返済日などが固定されることも

1パーセント近く利息が下がることもあるそうですから、大きなお金を一時的に借りるという場合には非常にお得になるかと思います。多く扱われている目的別ローンには、マイカーローン、ペットローンなどがあるそうです。この目的は案外広く、ペットローンなどではペットの購入費から医療費、器材など幅広く利用することが可能なのだそうです。そのため、利用する目的にあったローンがある場合には、目的別ローンも検討してみてはどうでしょうか?

カードローンサービスはインターネットが便利

消費者金融や銀行の行う少額ローンのことを、キャッシングサービスやカードローンサービスなどと呼んでいます。このサービスは、インターネットを経由した申し込みにほとんどの会社が対応していることから、非常に利便性も高く、人気も上がっているそうです。


カードローン審査はペーパーレスに

カードローンでは審査で利用する本人確認書類などのコピーや郵送もいらないペーパーレスサービスも拡大しているそうです。契約書はインターネット上で確認して同意、そのまま契約まで利用が可能となっているそうです。ATMなどの利用に必要なカードは、キャッシュカードで代用できる、あるいは無人契約機で簡単に発行できることから、プライバシー面でも安心できるそうです。


明細もダウンロードするタイプが増加

カードローン利用では、今まで返済などの利用明細は自宅や登録した住所に届くものがほとんどといわれていたそうです。しかし、これもパソコンやスマートフォンで管理できるものが増加してきていて、明細も自分でダウンロードするというサービスも多いそうです。自宅への郵送物がないので、家族などにも知られたくないという人には非常に高い人気があるそうです。明細書はしっかりと自分で管理しましょうね。